聖書研究会 神戸集会所 2014年 日曜集会


マルコによる福音書を学ぶ

 以前、カイロからシナイ半島を回り、ヨルダン渓谷を通ってガリラヤに行く観光バスに乗ったことがあります。現在、シナイ半島はテロ組織が支配する危険地帯となっていますが、当時は1990年代で、まだまだ平和だったのです。

 荒涼としたシナイ半島のハイウエイを何百キロもバスでひた走り、エイラートを経由して海抜マイナス418mの死海のほとりで宿泊。そこは強い塩分と乾燥で、ほとんど緑の無い死の世界です。ところが、ヨルダン河岸を北上してガリラヤ地方に入ると風景が一変。命にあふれたガリラヤ湖の周りに、緑の野山が広がります。

 二千年前のある日、この湖の浜辺を歩きながら、漁師たちの動きを注視する30歳余りの青年がいました。彼は漁師たちに、こう呼びかけます。「私について来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう」。漁師たちは、その言葉を聞いて青年に従って行きました。この青年こそは、ナザレのイエス。やがて彼らは世界を変えることになるのです。


マルコ福音書 メッセージ
1:1〜1:15 主の道を備える 1/12
1:16〜1:45 弟子の召命 1/26
2:1〜2:17 罪人を招いたイエス 2/9
2:18〜3:6 安息日とワイン 2/16
3:7〜3:35 汚れた霊と聖霊 2/23
4:1〜4:20 種まきのたとえ 3/9
4:21〜4:34 燭台のたとえ 3/16
4:35〜5:20 ガダラの豚 3/23
5:21〜5:43 ヤイロの娘 3/30
6:1〜6:29 ヨハネの首を求めたサロメ 4/13
6:30〜6:56 五千人の給食と水上歩行 4/27
7:1〜7:23 パリサイ人と律法主義 5/11
7:24〜7:37 ユダヤ人と異邦人 5/25
8:1〜8:21 パリサイとヘロデのパン種 6/8
8:22〜8:38 ペテロの告白と受難予告 6/15
9:1〜9:29 キリストの変容 6/22
9:30〜9:50 自分の内に塩を持つ 6/29
10:1〜10:31 幼な子のような信仰 7/13
10:32〜10:45 聖書が教えるリーダーシップ 7/20
10:46〜11:11 「ダビデの子」は誰か 8/10
11:12〜11:33 神殿をきよめる 8/24
12:1〜12:17 カイザルのものはカイザルに 8/31
12:18〜12:44 復活を信じないサドカイ人 9/14
13:1〜13:37 世界が終わる日 9/21
14:1〜14:26 最後の晩餐の秘密 9/28
14:27〜14:72 三度イエスを否んだペテロ 10/5
15:1〜15:41 十字架上のイエス 10/19
15:42〜16:20 復活したイエス 10/26

2014年10 月26日、多くの皆様にご協力いただき、 祝福の内にマルコによる福音書の学びを終えることができました。ハレルヤ!

聖書研究会神戸集会HPに戻る